中銀カプセルタワービル 最後の記録

1972年に竣工した、日本建築史に残る名作、中銀カプセルタワービル。
2022年、この建物の解体が行われます。
本書は、 写真400枚以上、114カプセルを収録する 、最大にして最後の記録集です。
2本の論考(松下希和氏、鈴木敏彦氏)、黒川紀章の子息である黒川未来夫氏と
メタボリズム研究の大家である八束はじめ氏の対談も収録 、これ以上ない内容です。
カプセルタワーは、解体後にカプセルの再利用が予定されています。
「中銀カプセルタワービル」としての最後の姿を、存分に御覧ください。

Download/ダウンロード/下载

Leave a Comment