地球ドラマチック・選「火星に着陸せよ!~有人探査への挑戦~」 – NHK 2016.04.18

NASAは2033年を目標に火星有人探査計画を進めている。地球から火星までの距離は月の150倍。前人未踏の長距離飛行を実現する大型打ち上げ機スペース・ローンチ・システムの開発が進む。火星への往復で飛行士はおよそ1年4か月を宇宙で過ごす。無重力に近いというベッドに横になった状態で70日間を過ごし、長期間の無重力状態が心身にどのような影響を及ぼすのか検証する実験にも密着する。

Download/ダウンロード/下载

Details »

(Pass=jpfiles)

Comments are closed.

banner